何のために消泡剤を使うの?
2021年10月21日

消泡剤による泡の除去効果について

消泡剤とは、液体の中に泡が発生するのを防止するために入れる添加剤のことを指します。液体中に既に泡が発生してしまっている場合に使用しても、泡を除去すること可能です。消泡剤には様々な種類があります。商品の製造過程において、泡が残っていると都合が悪い場合によく使用されています。

私たちの身の回りにあるもので例を挙げますと、化粧品や食品の製造過程において用いられることが多いです。液体の中に、泡はなぜ発生するのでしょうか。水などの表面張力が高い液体中では、当たり前のように存在しています。なかでもHLB値が高い界面活性剤や、高分子化合物が水中に含まれている場合には、泡はいたるところに見られます。

これらの泡を除去するためには、部分的に表面張力を弱めることが必要となってくるのです。この働きを持っている物質が消泡剤の成分に含有されています。一般的に液体には、表面張力があり親油性の高い界面活性剤が利用されることが多いです。豆腐の製造過程を例に挙げますと、豆腐表面に見られる泡を消すために植物性油による加工品が加えられます。

この方法は江戸時代から行われているようです。近年では、毒性がなく消泡効果が期待できるシリコンオイルが液体化され日用品や化粧品、食品などに幅広く使用されています。また、脂肪酸エステルなどの界面活性剤は食品の泡を除去するためによく用いられます。用途によって使用される消泡剤は異なりますが、身近なところで様々な用途に使われていることが分かります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です