何のために消泡剤を使うの?
2021年10月24日

シリコーン消泡剤について

シリコーン消泡剤は、微量の添加で消泡剤としての効果を発揮できるものです。耐熱や耐寒性に強く、科学的にも他の物質と反応しない深津性があるというメリットがあります。このためあらゆる製品の製造過程でこの消泡剤を利用でき、製品の品質の向上や作業効率の改善など、製造工程を左右する者でもあるのです。加えて予防効果も抜群で、いわゆる抑泡とよばれる泡が液体内にできにくくする作用もあります。

しかもシリコーンとしての物質自体が消えることは無いため効果が長続きするという点も魅力といえるでしょう。使える分野も多岐にわたっていて、樹脂合成やラテックスなどのほか接着剤などを製造する化学製品でも利用可能です。また印刷工程におけるインクの泡立ちを防ぐのにもこのシリコーン製品が役に立ちます。塗装時のピンボールの発生や印刷村などの品質低下を防ぐことができ、製品のエラー率を格段に低減させることができるのです。

食品や発行製品などには煮沸の工程や攪拌、発行による微生物の作り出す二酸化炭素など様々な工程で泡が発生します。このような泡に対しても、安全性評価が認められた消泡剤を用いることが可能です。一方で発酵を阻害してしまっては元も子もないですが、シリコーン製品は微生物の発酵作用に対する阻害が少なくしかも微量で効果を発揮します。特に食品は見た目によって判断されることが多いため、利用を検討すると良いでしょう。

品質や歩留まりの向上にも役に立つのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です