何のために消泡剤を使うの?
2021年11月12日

消泡剤の種類と主な特徴

工場などで製品を作る際に使用される消泡剤は、原材料が発泡性の高い物であった場合、発泡を抑えて効率よく作業を進められるようにするために使うものです。消泡剤にはオイル・界面活性剤・エマルジョンなどの種類が存在し、それぞれに特徴があります。特徴を理解して使用することが大切となりますので、参考にしてください。鉱物油などの油脂成分を原料としているのがオイルタイプの特徴で、液体の原料に対して効果があり、特に即効性の高い物として知られています。

即効性は優れていますが持続性には乏しいため、使用したらすぐに次の工程に進まなければなりません。また、河川などに流出することで環境破壊につながる可能性が高いため、流出などのトラブルにならないように注意することも必要です。油性物質を主原料としている界面活性剤タイプは、消泡効果が高い物の使用方法を間違えると消泡ではなく発泡してしまう可能性が高いため、注意が必要となります。保管しやすく長期にわたって保管できるのがメリットとされていますが、使用方法に関しては慎重な判断が必要です。

エマルジョンタイプの場合、使いやすく泡を抑える効果も高いといされていますが、消泡剤の中で最も補完しづらいのも特徴といえます。保管には慎重な判断が必要とされているため、適切な保管場所を用意しておくなど対応が必要です。いずれも良質なアイテムですが、それぞれメリット・デメリットとあるため、参考にして原材料の相性を踏まえて選ぶことが重要となります。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です